ポルトガル・リスボン旅行 その1:リスボン市内観光とユーラシア最西端!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まさかポルトガルに行く機会があるとは思いませんでした。遠かったです。日本から直行便はありません。羽田からドイツのミューヘン経由でしたが、ミューヘンから3時間です!ヨーロッパ内は1〜2時間でどこでも行けると思っていたので驚きです。

そして、時差にも驚きです。なんとポルトガルは大陸内ですが、イギリスと同じ時間帯を使います。地図で見ると確かにイギリスのほぼ真下ですね。ちなみに、フランスやほとんどのヨーロッパ諸国は、日本と時差8時間ですが、イギリスやポルトガルは9時間です。

中々面白い所でしたよ。

スポンサーリンク

路面電車でリスボン観光

リスボンの街を観光には路面電車が便利です。地下鉄も走っていますが、丘が多くて、勾配もあるので、路面電車が縦横無尽に走っています。

ちょっとスリルも味わえます。ただ混んでます、運転手が乗車拒否する時もあり制限します。

教会などヨーロッパの古い建物が見ることができますし、観光業が盛んな地域と言われているのでオシャレです。

街も小洒落た感じで綺麗です。

街中も小洒落た感じです。

これは、屋台?になるのでしょうか。

駅も小洒落た感じで綺麗です。

壁画もいい感じで、駅・電車も綺麗です、治安も良いそうです。

ゴミ箱のゴミも小洒落た感じです。

なんとなく撮った写真ですが、ワインボトルに、パンと水…。

ん〜、ヨーロッパ!

トイレも小洒落た感じです!?

鉄板1枚あるだけです。右上の看板のURINOLはトイレのことです。

小洒落た所が多くて、オシャレな街だなと感じました

リスボンから、ユーラシア大陸最西端 ロカ岬へ

ユーラシア大陸最西端と言われるところに行きました。

まずは地下鉄で移動です。オシャレなつり革?です。

地下鉄から電車に乗るために街の中心に来ました。天気は最高です!

私は基本的に時差ボケ対策が何時も上手くいき大丈夫ですが、一緒に来た人は数時間しか寝ておらず、太陽が眩しすぎたようです。

リスボンから、電車でシントラに移動です。シントラからはバスですが、乗る前に昼食です。

大西洋に近いはずなので、シーフード系料理を食べます。キャトルフィッシュとスクイッド両方ありました。今まで区別せずにイカと思っていましたが、なんとなくキャトルフィッシュを選びます。

美味しいです、ビールと一緒に食べました。

ユーラシア大陸最西端だ!

断崖絶壁です。日本ではありえない所へ、みんな行き写真撮影をしています。一応柵はありましたが、誰でも入れます。道まで出来てしまっています。

(柵内には)モニュメントも立っています。ポルトガル語なので分かりませんが、一番端ってことが書いていると思います。ロカ岬(Cabo Da Roca)です。見えるのは大西洋です!!

すごい遠いところに来た感じです

実際遠いのですが、人生で、家から一番遠いところの気分です。メルボルンとかニューヨークの方が遠い気もしますが・・・。

なお、ユーラシア大陸最東端は、ロシアのデジニョフ岬だそうです。

リスボン旅行まとめ

ポルトガルは、経済的にかなりやばいと言われています。主な産業も観光業くらいと言われているそうですが、旅行にはお勧めできる場所です。

なんとなくですが、ヨーロッパでも離れすぎた地域でもあり、取り残された感もありますが、のんびりした感じもしているので、ゆっくりしたい人にはオススメかと思います。

また、あまり感じませんでしたが、物価はヨーロッパ内では低めとも言います。ご飯も、スペインと似た感じもあり、パエリアなども有名です。シーフード系の料理が主流で美味しいです。(探したのですが料理写真はあまり撮っていませんでした…。)

なお、カステラはありません。

一旦まとめましたが、日帰り旅行でリスボンから行ったシントラが最高でした。

ポルトガル・リスボン旅行 その2:シントラでリアルダンジョン潜入!
ポルトガル・リスボン旅行 その2:シントラでリアルダンジョン潜入!
リスボン旅行で、ユーラシア大陸最西端のロカ岬へ行く途中に訪れた街シントラが中々面白かったので、個別で紹介します。 リスボンか...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加