ビクトリノックスの万能ナイフが便利なツールだと分かるまでの話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビクトリノックスの製品は結構好きです。服・鞄・スーツケース・万能ナイフ、景品でもらった上記のマウスとUSBハブまであります。

しかし元々は、刃物を見るのが大嫌いな人間で、自室には全く切れないレターオープナーか、錆びついた小さなカッター位しか置かない人間です。また、ビクトリノックスの万能ナイフは、飛行機の手荷物に入れれなくなり*、かなり衰退したとも聞いてたので、万能ナイフだけは持っていませんでした。(*機内持込:×、受託(預け)荷物:○)

実際、初めて使ったビクトリノックスの製品はカバンで、次もスーツケース、その次は服で、またカバン・・・と、アパレル系だけでした。

そんな私が便利なツールと、ビクトリノックスの万能ナイフを言える様になったまでのストーリーを紹介します。

スポンサーリンク

ビクトリノックス万能ナイフに行き着くまで

コルク抜きと缶切りの大事さを痛感

かなり前ですが、海外旅行の際に、ワインのボトルと缶詰を買いました。

ホテルに戻って気づいたのが、開ける道具がない・・・。

栓抜きは置いて有りました。しかし今回は栓抜きは要りません。(瓶のフタは無理矢理なら開けれます。)

困りました・・・

腐る物では無いので、お土産にと一瞬思いましたが、ワインは重いので嫌です。小さなホテルで時間も遅くロビーに人も居ません。結局同じ店に戻り、2,000円位払ってソムリエナイフを買いました、缶詰はお土産です。

もったいないです。家に帰ればワインを開ける物は有ります。それにソムリエナイフは個人的には開けにくいです。万歳するタイプの方が便利です。

そして、そのソムリエナイフには、缶切りが付いてません!

日本に帰った後、前回缶詰をお土産にした事を思い出し、次の旅行までに、百均で定番の缶切り・コルク抜きが付いた栓抜きを買って、スーツケースに常備する事にしました。

ワインよりビールが好きですし外食の機会も多く、その後栓抜きを使う事無く、何回か海外旅行へ行きます。

あっ、ナイフがないと開けれない・・・

久しぶりに海外旅行中に、ワインを購入する事にしました。

「今度こそ、コルク抜きを常備しているから大丈夫だ!」と意気揚々とワイン購入です。

ホテルに帰り、いざ開けるとなると、薄い(アルミの)カバーが取れない!!!

爪が入る隙もない、缶切りの先の尖った所とコルク抜きの先端を使い、削って削って何とか開ける事に成功しました。その日は、やっぱり「ソムリエナイフ要るな。」と痛感して、飲んで寝ました。

日本に戻り・・・

しばらくして、次の海外行きが決まりました。「そう言えば、前もワインボトルで面倒な事になったな。でも、ソムリエナイフと缶切り2つも要らないな・・・邪魔だな。」とか色々考えていました。

ソムリエナイフも栓抜きも缶切りも全部ありを探す

そこで、1つ3役を探すことにしました。2つが最低条件です。

  • ワインが開けれる(ナイフとコルク抜きがついている)
  • 缶切りがある

中々、無いです。缶切り+コルク抜きはどこにでもあります。ソムリエナイフもネットで探せば、すぐ見つかります。しかし、缶切りとソムリエナイフの組み合わせはありません。

缶切りが、ワインの国ヨーロッパでは、ネジを回す形で別物だからだと思います。

そこでふと思ったのが、「ソムリエナイフは、飛行機で持って帰ってこれたぞ。そうだ、万能ナイフだ!ビクトリノックスだ!」となり、探す事にします。

ビクトリノックスの万能ナイフを選ぶ

Amazonでビクトリノックスと検索すると、コルク抜きとナイフ付きセットが、一瞬で見つかります。

缶切りは?と探しても、それらしき形の物がありません・・・。

見てても分からないので、ネットで「ビクトリノックス 缶切り」で検索。

画像検索をすると色々出てきます。海外で定番のネジを回すタイプもあります。と同時に、万能ナイフから見慣れない形の歯と開いた缶の写真があります。

おぉ!これだ

Amazonに戻ります。2つ似たのが付いているモデルと1つのがあります。まあ何か意味があるのだろうと、深く考えず色々見比べます。


完璧に要望通りが、VICTORINOX(ビクトリノックス) ウェイターと言われるモデルで、ナイフ・缶切り・栓抜き・コルク抜きがついている、最小限モデルです。しかも、安いです!

ビクトリノックスは、服や鞄はそこそこの値段ですが、万能ナイフは全体的に思ったより安いです。そんな事もあり、もう少し機能があるのにする事にしました。

少し機能が増えると、一番メジャーな価格帯なのか、少しの違いで沢山のモデルがあります。

「ハサミがあるのが良いな」とか考えて探していると、トラベラーBKには、ワインのアルミを切るためのナイフ(下記写真右下側)である事が分かりました。

ナイフさえあれば、ワインの口は切れるので重要ではないですが、いくつかナイフがあり使い分けれること、見た感じ機能が多い割に安めなことで、このトラベラーBKにすることにしました。

ビクトリノックスを使ってみて

最終的には、ケース・フック紐と、王道の赤色を選んで購入です。

ビクトリノックスの万能ナイフを使って感じた事

缶切りはコツがいります

缶切りが意外と曲者です。使い方が分からないと難しいです。「ウェイター」モデルに付いてる缶切り栓抜き共用のツールと、「トラベラーBK」の缶切りツールは違うようです。

下記の動画が分かりやすいです。

複数ナイフは便利

「トラベラーBK」は、ナイフが3つある事になります。普通のナイフが大小と、ワイン開封用です。

大きなナイフは果物等の食べ物を切るときに使いますので、一番綺麗にしておきたく、使い分けが出来るので助かります。小さなナイフを紙とか紐を切るようにして、ワインにはワイン専用で分けて使っています。

フックが使える

海賊の船長の義手みたいな、フックが中々便利です。女性の人にも良いツールで、プルダブを開けるときに引っ張るのに使います。私も爪を切りたての時や凄く硬い場合に使っています。

他にも、小さなピンセットもあります。薄いので力をかけれないですが、何か詰まった時に役立ちます。ただ、楊枝だけは使っていません。

その他

ツールを開けるのが、結構重たいです。爪を引っ掛けるようにして出します。フックが使えると書きましたが、フックを出すのと、硬いプルタブを開けるための力は同じくらい必要では?感じる事もあります。

ツールには、潤滑油がついている事があり、果物などを切る前と後にティッシュで拭く必要があります。

機内には持ち込めませんが、預けれます。

画像元:成田国際空港

まず、飛行機にはほとんどの万能ナイフは持ち込めません。しかし、受託荷物には入れることが出来ます。海外旅行で持って行きたい時は預け荷物に入れられます。機内では必要ない物ですから、スーツケースに入れて常備しています。

*短期旅行で、スーツケースを機内に持ち込む際に注意しないと、捨てる事になります!!

ビクトリノックスの便利さのまとめ

最近は海外に行く際には必ず持っていきます。小さくて軽いです。スーツケースに入れておけば、いざと言うときに大変便利です。

海外のお菓子等は、梱包が日本ほど開けやすく工夫されていないため開けにくく、ハサミがあるだけで、すぐに解決できます。

最近の日本の缶詰は、ほぼ缶切りなしで開けれる様になってきていますが、まだまだ海外では缶切りが必要です。缶の製品は滅多に買いませんが、その滅多な事でも対応可能です。

果物を食べる時も、皮を剥いて切って食べる事が出来ます。スーパーでツマミ等を買い物する時も、ナイフがあるだけで選ぶ種類が増やせます。

1本あるだけで、便利です。十徳ナイフと言うだけあります!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加