何でも形から入っていこう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結構自分は、形から入るタイプです。見た目や体裁を繕うのを先に始めて、内容を理解することは二の次にです。

これは悪いことなのか良いことなのか(反省しないで)考えてみました。結論から書くと、良し悪しはない、そして大体みんな形からであると信じます。

スポンサーリンク

まずは道具を揃えるか腕を上げるか

「形から入る」話になると、まずこのパターンが一番遭遇しやすいと思います。例えば、スノーボードを始めるのに、一式揃えて始めるか、上手くなってから揃えるかです。

学生の時に考えた本当の話しですが、上手い人に嫌味半分で言われたのが、

じゃあ、何時上手くなるの?

です。

結局、すぐに一式揃えたのですが、おかしな話です。だいたい上手い人だけが一式揃えている必要があるのかです。自分自身の悩んだ基準が間違っていたのです。

では何を基準にすべきか、レンタル費用とのコスト比較をしても、レンタルの方がやはり安いし買う動機にはならない。結局は、自分が欲しいかだけであって、形から入る話ではないと言うことです。

要は、スノーボード一式が欲しい話と、スノーボードが上手くなるかは完全に別の話しです。

自分の物だと愛着もでて、有るから行こうと思い、上手くなるんだ。

とも、後で言われたのですが、上手くなる手助けにもなるなら好都合です!

買ってから考えるか、考えてから買うか

ガジェットを買う時に悩む人と悩まない人の違い?

「形から入る」を辞書で探すと、本質や内容を理解せずとあったので、これも1つの例だと思います。

例えば高性能タブレットは買いかと考えると、ハイスペックに越したことはない、使い道は買ってから考えると言う人と、仕事で大きなexcelのデータも扱うし1日数時間は使うので…と目的(理由付け)などを熟考し買う人のだいたい2種類かと思います。

私は前者のことが多いのですが、必ず周りに一人ぐらい、

(あなたに)それって必要?

とか聞く人間がいます。何故それを聞くのか分からないが聞いてくる。

あなたでは使えこなせないと言っているのか?
ただ単に興味本位の質問なのか?
自分の方がよく知っているぞと思っているからか?

色々、(目的決めて買っていない手前、)ネガティブに考えるのですが…

物欲を満たすことは、所詮自己満足でしかない。

ただし、100%言えるのは、持っているから必要か不必要決められる。要は、形から入るから、知ること・分かることができるのです。

実は、買ってから使い道探すためにレビューサイト見たりもしてますが、買ってから勉強の方が身にもつくのです!

考え方やライフスタイルの場合

ここでやっとトップの写真と関連する内容ですが、「意識高い系」と言う人たちがネットの向こうにいるそうです。なり方は?と考えると・・・

とりあえず、Mac持ってスタバに行く。

Twitterで、「カフェで、来週のミーティングのアジェンダにコミットする」と呟く(すいません。カタカナ語分かりません。)

分かる範囲で、形から入ります。

そして、ファッションを勉強したり、意識高い系の人たちのブログを漁ったりして、考え方とかライフスタイルを作り出して行くのでしょうか。

もちろん、元々意識高い系と言われる考え方や言動の人が、Mac持ってスタバに行き始める場合もありますが、卵が先か鶏が先かの話です。

誰もが最初は初心者」と言葉が有るように、みんな最初があるし、最初どこから始めるかだけの違いです。自分で考えて、ハッと思い立ち、翌日からそうなったと言えるほど、まっすぐな人(思い込みが激しい人)は少数派だと思いますね。

*写真は自分で撮ったものですが、意識はそんなに高くないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加