[2017年版]一台あると便利なBluetoothスピーカー選ぶポイント・おすすめと使い道

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Bluetoothスピーカーはあると便利です。無くても困らないですが、ここで音楽聴けたらなと思う時に役立ちます。最近は防水性も高いので、1台あると中々便利!

私は、写真のJBLのFLIP3を1年ほど前から使っていますが、スマホ・タブレットのスピーカーより音も大きく、ヘッドホンとはまた違う感じの音や気分になれます。

スポンサーリンク

Bluetoothスピーカー使い道

代表的な使い場所は、広告で登場するシーン水中にボチャンで想像出来る、お風呂場ですが、実際風呂で使える製品は限られます、むしろほかに色々使えます。

最近は、ヘッドセット(マイク付き)のBluetoothスピーカーもあるので、より大きな音量で、ハンズフリー通話機としても使えます。

おすすめBluetoothスピーカー使い場所ランキング!

1位:部屋

自室内のベッドや机に置いて使います。Bluetoothスピーカーの使い道の一番は、スマホ・タブレットをリモコン代わりにして、部屋のどこからでも操作し音楽を聴く事です。

Bluetoothスピーカーのほとんどは、バッテリー内蔵で野外使用のイメージがありますが、(スマホ・タブレット等の)音源の入っている端末側を、自由に移動出来ると考えると分かりやすいです。

両方(スピーカーとスマホ・タブレット)を持ち運んで、別の部屋で聞くのにも便利です。1kg以下の製品が多いので、手で持って歩き回れます。

2位:キッチン

何か作業をする際に便利です。料理をする際にヘッドホンは邪魔です。有線だとフライパンに線が当たって溶けることもあります。外部の音が聞こえないとキッチンタイマーも分かりませんので、スピーカーがベストです。

タブレットでレシピを見ながら、またはポケットにスマホを入れて、音楽を聴きながら料理して酒を・・・と、いい感じですが、大変な事にならないように注意です!

3位:庭・ガレージ

家周りの野外です。庭でのんびりする、ガレージでバイク・自転車を磨くなど、ちょっと映画やドラマの世界ですが、都会マンション住まい以外なら、案外多いシチュエーションかと思います。

4位:浜辺・キャンプ場、あるいは旅先

こちらも定番ですね。爆音は近所迷惑です。テーブルの上やビーチチェアの近くに置いてBGM的に使うのに最適です。また、ホテルや旅館の部屋で、のんびり音楽を聴きたい時に持っていると便利です。

5位:車

車でも使えます。自分の車以外(例えば、レンタカーや業務用の車)だと、ラジオしかない場合やCDも持っていない時に、スマホ・タブレットとスピーカーがあればいい感じになります。シガーソケットに挿してラジオで飛ばす方法が、古くからありますが、音が全然違います。

基本的に他人が周りにいない場所だと、スピーカーが楽です。

風呂場でのBluetoothスピーカーは注意!

定番のお風呂場。ゆっくり入る時には良いですね。防水スマホ・タブレットと一緒に持ち込む、またはプレイリストを作りスピーカーだけ持ち込むといいですね。

しかし、これには条件があります!

風呂場内が高温になっていると、防水性の製品でも、メーカー保証の使用環境外になります。

例えば、iPhoneはIP67*ですので、防水性能は非常に高いです。しかし、動作環境は、0~35度*となっています。風呂場でシャワーを出していると、室内温度は上がります。湯船に落とすと35度を超えている可能性もあります。

メーカーが風呂場での使用を宣伝していない限りは、しっかり取説を読みましょう。

Bluetoothスピーカーの選び方のポイント

自室で使う際は、スマホ・タブレットがリモコンになるので、音がいいのを選びたいです。一方で外出時は持ち運びを考慮も必要です。

Bluetoothスピーカーの防水性

防水も様々です。水中に落としても壊れない製品もあれば、水滴程度なら大丈夫などと、程度は様々です。

そこで、IPコードが目安としてよく使われ、iPhone7のIP67などです*。

数字が2桁あり、前の数字(IP67の6)が防塵(ぼうじん)に対して、後の数字(IP67の7)が防水です。防塵を試験していない製品だと、IPX7などとXと書いています。

数字が大きいほど防水性が高いですが、IPコードは目安として、各メーカー発表の仕様・広告で、具体的に伝えている場所で使えると思った方が良いです。

また、水中で音楽を聞かないと思いますので、万が一の対策向けとして考えます

*IPコードの数字の詳細は、Wikipediaで詳しく書かれています。

Bluetoothスピーカーのサイズ

大きさも重要です。サイズが小さいと最大音量が小さいや音質が悪く、スマホ・タブレットのスピーカーと変わらない事があります

一方で、持ち運びを考えると大きすぎるスピーカーは、重く邪魔にもなります。バッテリーの大きさでも重さやサイズは変わり、小さいスピーカーは再生時間が短い傾向があります。

1kg前後までが目安かと思います。

Bluetoothスピーカーのメーカー

メーカーだけで選ぶと失敗する可能性があります。一部の会社は、OEM等の外注業者から仕入れてブランドだけつけた製品もリリースしているので、中身が全然違うことがあります。評価の良いモデルで選ぶようにしないと、安い別のモデルを同じメーカーだからと選ぶと、大失敗する可能性があります。

Bluetoothスピーカーの再生時間

Bluetoothの多くは、バッテリーを内蔵しています。当たり前と思いますが、Bluetoothはあくまでもデータをやり取りするだけで、電源は別ケーブルで繋がります。

実際に自室で使う際は、電源に繋げて、スマホやタブレットをリモコン代わりにする使い方が一般的です。しかし、外出時はバッテリー駆動ですので、持ち運びを考慮する際は、再生時間が重要です。

おすすめBluetoothスピーカーランキング

「Bluetoothスピーカーの選び方のポイント」の4点と、使い道1~5位を考慮した、おすすめ製品のランキングです!

1位:JBL FLIP3 Bluetoothスピーカー


自分が持っている事もありますが、個人的にはコスパ最強と思っています。1番のおすすめです。

基本をしっかり抑えた製品です。Bluetooth4.1・ハンズフリー通話・防水・連続10時間再生など、また複数台を繋げステレオ再生も出来ます。カラーバリエーションも豊富です。低音を重視したクリアなサウンドです。

2位:Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー


Amazonでは、この分野でベストセラーになっている製品です。Ankerは携帯バッテリーやUSB電源アダプターで非常にポピュラーなメーカーで品質も良いです。

防水性能はない様ですが、おすすめポイントは、長時間連続再生と、なんと言っても価格の安さです!

3位:SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-X1


風呂場使用可能とメーカー側から発表されている数少ない製品です。手の平サイズのユニークな形で、価格もお手頃です。色は4色あり、Amazonでの評価も上々です。

4位:Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II


老舗音響メーカーのBoseが出す、小型Bluetooth speakerです。10時間の連続再生が可能で、持ち運びも出来ますが少し重いです、良い音を部屋で聞くためには最適な製品の1つです。価格は少し高めです。

オプションで、カラーバリエーション豊富なソフトカバーもあります。

5位:Beats by Dr.Dre Pill+ Bluetoothスピーカー


よく似た形のPill2.0もありますが、こちらが2016年リリースされた最新のモデルです。Apple製品ですので、Lightning接続で充電ができます。iPhoneユーザーだとmicroUSB要らずで便利です、Macな人におすすめです。

キャリングケースも標準で付いているので、持ち運びにも便利です。

ワイヤレスヘッドフォンを見た目だけで選んだ、おすすめベスト11[2017年版]
ワイヤレスヘッドフォンを見た目だけで選んだ、おすすめベスト11[2017年版]
Beats Studio Wirelessオーバーイヤーヘッドフォンを愛用しています。色は、スカイを使っています(写真の色...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加