スーツケースのタイヤを自分で交換してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーツケースがダメになる理由(個人調べ)の一番が、タイヤとタイヤ周りが壊れるです。今回はタイヤが縦に割れました。転がりにくいとか重く感じた場合は、タイヤを確認してみると壊れていることがよくあります。

舗装が悪い・石畳の多い地域に行ったり、スーツケースに重い荷物を入れていると、結構早くタイヤ周りは傷みます。頻繁に使うと1年保たない時もあります。

タイヤが潰れると、買い換えていましたが、もったいないし、捨てるのも(私の地域では)普通のゴミで出せないので面倒です。滞在先のホテルで捨てるように頼んだこともありますが、今回は(そこそこ高かったし)気に入っているので、

自分でタイヤ交換に挑戦です。

メーカーによっては修理対応していますが、手っ取り早く、音も静かになるようなので、今回はパーツだけ代用できそうな物を購入します。純正品を使いませんので、保証はこれで終わりです。

スポンサーリンク

スーツケースのタイヤ交換

タイヤを取り外しサイズを測る

部品のサイズ選びだけは細心の注意が必要です。サイズの近い代用品を購入するため、現在の物を外してサイズを測ります。

六角レンチで外れそうです。

取り外せたら、(ノギスがあればベスト)タイヤの径や軸の幅、ボルト径を測ります。

タイヤ直径:約80mm, 軸のところの幅:約27mm, ボルト直径:6mmです。

*後で出ますがこれだけでは足りませんでした。

部品をポチッと購入

ほぼ近いサイズ(下記)を見つけました。

  • 横幅 28.2mm 軸穴径 6.2φ
  • 直径 79.3mm

購入です。非純正の別メーカー向けの物ですが、ほぼサイズが同じですのでこちらにします。ダメなら買い直すと言うことで、ポチッとしました。

商品到着、さあ交換です

現物を比較すると、ほぼサイズは同じですが色はクリアーです。この製品の色はホイール部が黒ってことみたいです。

さあ、新品を装着です。

!?着かない!!!!

見落としです!! 金属部中央の突起物の径が違うため、スーツケース側のくぼみに入らない!!

タイヤ側の凹みの径(金属部分の外径)が、幸い同じの様ですので、金属部分(ベアリング部分)をバラして、タイヤとホイールのみ交換してみることにしました。

できた!

ネジもしっかり締まりました、転がしても問題ないようです。

よかった。

*サイズが極端に違うと事故の元です。自己責任の上で十分注意してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加