HUAWEI Mediapad M3 Lite 8インチ向けに色々揃えたのでレビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タブレットやスマホを購入すると、付属品が欲しくなります。先日HUAWEI Mediapad M3 Lite 8インチモデルを購入し、色々とケース等を揃えたのでレビューです。

本体のレビュー

HUAWEI MediaPad M3 Lite 8インチをBiglobeで購入したのでレビュー
HUAWEI MediaPad M3 Lite 8インチをBiglobeで購入したのでレビュー
8月25日にHuaweiから格安のタブレットのリリース情報がありましたが、LTE対応モデルとしての価格の安さもあり、購入することに...
スポンサーリンク

HUAWEI Mediapad M3 Lite 8インチ向けに揃えた物

ケース

安さに惹かれて購入です。保護フィルムよりも安いです。海外の露店で売っているレベルの品が到着です。TPU素材とのことですが、かなり柔らかめです。マイナーモデルだと選択できるケースが限られますから、あるだけマシなのか…。

SIMカードホルダーを抜くための小さな穴のところだけケース側は対応しているのですが、これではSIMカードは抜けませんよね。

ケースをつける目的は人それぞれかと思いますが、個人的には持ちやすくするためなので、ぴったりしていれば問題ないと思っています。大丈夫です。

フタ付きケースが好みではないので、上記ケースを選びましたが、Amazonを見ると結構豊富にあります。スタンドが欲しい人や、保護フィルムが嫌いない人にはオススメですね。

保護フィルム

初めてガラスフィルムを購入しました。Mediapad M3 Liteは、特殊なガラスを使っているなどは記載していなのと、フィルムによって滑りやすさも良くなると思い購入です。
Mediapad M3 Liteのガラス面は完全に真っ平ら(端も曲面がない)な仕様ですので、貼り付け易いのもありますが、気泡もなく綺麗に貼れました。サイズ的にもばっちりかと思います。

Amazonで見ていると他にもありましたが、M3 Lite 8インチ向けを購入しコメントしている人が何人かいたので、こちらに決めました。使用感は良い感じですが、指紋がかなりつく感じがします。あと、指紋認証の所がかなり深くなった感じになります。蓋つきケースの人はフィルムなしの方が良いかもです。

SDカード

実は以前購入した物です。アマゾンの履歴からだと2016年2月です。何向けに買ったかは覚えていませんが、余っていたので使用します。アダプターが附属ですが、スマホやタブレットでは使うことはあまりありませんよね…。

UHS-1 Class 10と言われる転送規格ですので、体感的なデータ転送遅延もなく快適に読み書きができています。Mediapad M3 Liteには「ファイル」と言われるストレージ管理アプリが入っているので、フォーマットもそちらでしました。なお、使用可能領域は59.52GBと表示です(この数値は、不良ではなく一般的なサイズかと思います)。

値段的にも64GBが一番コスパが良いと思いますので、しばらくはこれを使用したいと思います。

まとめ

SDカードが一番高額になりますが、幸い以前からある物ですし、タブレットも対応していたため使用できました。ケース・保護フィルムは大事に使うと言うよりは、使いやすくするための物と考えています。最近のスマホ・タブレットは薄くなりすぎて持ちにくさを感じることがありますが、ケースをつけるとバッチリなサイズ感になります。

ケースや保護フィルムは、私の場合本体を購入する前に探しています。iPadシリーズのように超定番有名製品なら別ですが、それ以外の端末はケースなどを探すのに苦労する事がよくあります。M3 Lite 8インチは豊富な方です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加