年賀状印刷にも使える、セブンイレブンでiPhoneにあるPDF等データを印刷する手順

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、手ぶらで国際免許を取得しに行った馬鹿な私ですが、パスポートか印刷したeチケットを提出してくれないと発行出来ないと言われて、急いでコンビニで初めてiPhoneからPDFの印刷を試みました。

アプリ入れたりとかでコピー機の前に10分ほどいましたが、要領が分かっていればコンビニ行く前にも準備ができるので、1分もあれば出来るなと思いましたので手順紹介です。

スポンサーリンク

セブンイレブンでiPhoneのデータを印刷する

アプリインストールとファイル選択

コンビニに行く前に事前に印刷したいファイルの指定まで可能です。コンビニですぐ印刷を考えている人や、どれがコンビニ印刷できるのかなどの確認を兼ねても使えます。

1. 専用アプリをインストール

まずはアプリをインストールです。初期設定なども特にはありません。(後ほどコピー機との接続にWi-Fi設定があります)。接続用だけではなく、インストールすることで、印刷したいファイルの選択ができるので、まず入れます。

セブン−イレブン マルチコピー

セブン−イレブン マルチコピー
無料
posted with アプリーチ

2. ファイルを選択

今回は、iCloud内にある、PDFファイルを印刷します。まず、「ファイル」から、該当のPDFを開きます。その後、左下のボタンをタップします。

ポップアップで、メニューが出るので、横にスライドして、「マルチコピーにコピー」を選択します。もしこのボタンが表示されない場合は、マルチコピーに対応していないデータになります。そのため、可能な限りコンビニへ行く前にチェックした方が良いです。
コピーが無理なデータの場合は、PDFやJPEGなどに変換します。

アプリが切り替わるので、「普通紙プリント」を選択。

これで、印刷できる状態になります。他も印刷したい場合は、同様の作業をします。

これで、コンビニのコピー機を使う前の作業は完了です。

クラウド系でも大丈夫

One Drive・Google DriveあるいはiCloudに入っているデータも選択できます。もちろんファイルは一旦iPhoneにダウンロードが必要ですので、データ節約をしている人は、Wi-Fi環境下で先に落としておくと良いです。

セブンイレブンに行って印刷

セブンイレブンのコピー機とiPhoneは、WiFiで通信します。設定からWi-Fiネットワークの一覧にて、「711_MultiCopy」を選択します。その後は、画面に従って進み、お金を入れたらコピーが開始されます。

細かい手順は、アプリ内の「ご利用方法」にも、画像付きで説明があります。

まとめ

一回使えば、すごく簡単に出来ることが分かります。急ぎの時にはかなり便利です。値段も普通紙コピーであれば10円/枚ですので、通常のコピーとも変わりません。そのほかにも写真やハガキも可能です。

パソコンなどで作成したデータをスマホに入れて、年賀状もこれで印刷したら高画質で綺麗に印刷できそうですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加