Amazonの新型Fireがリリースされたので旧型と比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


新型モデル2機種Fire 7とFire HD 8をAmazonが6月7日から発売を開始しました。

まず厳密に言うと、2モデル共にアップデートと考えられます。FireからFire7と名前が変わっていますが、サイズ・スペック共には大幅には変わっていません。Fire HD 8は、価格の変更点が一番大きいと思います。FireからFire HD 8へ乗り換え検討もオススメです。

スポンサーリンク

2モデルのアップデート

Fire 7

旧型との比較表です。太字が変更点です。

旧モデル(Fire) 新モデル(Fire 7)
ディスプレイサイズ 7インチ 7インチ
解像度 1024 x 600 (171 ppi) 1024 x 600 (171 ppi)
カラー ブラック ブラック
プロセッサ クアッドコア最大1.3GHz クアッドコア1.3GHz
コンテンツ 約3000万のエンターテインメントコンテンツ。テレビ、ドラマ、音楽、本、アプリ、ゲームなど 約3000万のエンターテインメントコンテンツ。テレビ、ドラマ、音楽、本、アプリ、ゲームなど
オーディオ モノラルスピーカー
マイク
モノラルスピーカー
マイク
ストレージ 8/16GB 8/16GB
microSDカードスロット あり
200GBまで対応
あり
256GBまで対応
カメラ フロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
フロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
Wi-Fi シングルバンド デュアルバンド a/b/g/n
バッテリー 7時間 8時間
サイズ 191 x 115 x 10.6mm 192 x 115 x 9.6mm
重量 313g 295g

変更点として、Wi-Fi・バッテリー・microSD対応量の強化と、サイズの変更があります。Wi-Fiが、デュアルバンドのnまで対応し高速化されています。バッテリーの時間も1時間伸びました。たかが1時間されど1時間です。また、価格も旧版と比べ1,000円安くなっています。

Fire HD 8

次に、Fire HD 8の比較です。こちらは名前も以前のモデルと同じです。太字が変更点です。

旧モデル 新モデル
ディスプレイサイズ 8インチ HD 8インチ HD
解像度 1280 x 800 (189ppi) 1280 x 800 (189ppi)
カラー ブラック ブラック
プロセッサ クアッドコア最大1.3GHz クアッドコア1.3GHz
コンテンツ 約3000万のエンターテインメントコンテンツ。テレビ、ドラマ、音楽、本、アプリ、ゲームなど 約3000万のエンターテインメントコンテンツ。テレビ、ドラマ、音楽、本、アプリ、ゲームなど
オーディオ Dolby Atmos、
デュアルステレオスピーカー
マイク
Dolby Atmos、
デュアルステレオスピーカー
マイク
ストレージ 16/32GB 16/32GB
microSDカードスロット あり
200GBまで対応
あり
256GBまで対応
カメラ フロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
フロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
Wi-Fi デュアルバンド
a/b/g/n
デュアルバンド
a/b/g/n
バッテリー 12時間 12時間
サイズ 214 x 128 x 9.2mm 214 x 128 x 9.7mm
重量 341g 369g

サイズが、少し重くなっている点が気になります。大幅な変更点はありませんが、定価ベースで、3,000円も安くなっています。Fire HD 8からの乗り換えより、Fireからの乗り換えを狙った感じもあります。

純正カバー

純正カバーも合わせてリリースです。このスタイルが正直一番シンプルで使いやすいですよね。本を読むときにも机の上に置きたい時がありますが、縦に置けていい感じです。素材も個人的には良いと思います!!

まとめ

個人的な感想として、値段の変更が大きいと思います。Fire HD 8が、スペック等の変更は大幅にないものの、Fire 7買うなら、新モデルFire HD 8を選びたいと感じる価格帯になりました。バッテリーの駆動時間がHD8の方が7より1.5倍もあるので魅了ですね。

発売記念ビデオクーポンとプライム会員向けの4,000円割引もあるので、コスパ最強のタブレットといった感じです!!!半端なく安い!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加