Appleから、macOS High Sierra 10.13がリリースされました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

macOSの最新版である、High Sierra (10.13)が9月25日付けでリリースされました。年に1回のメジャーアップデートです。

スポンサーリンク

アップグレードに必要な一般要件

  • OS X 10.8 以降
  • 2GB メモリー
  • 14.3GB 空きストレージ
  • 一部の機能にはApple IDが必要です。 条件が適用されます。
  • 一部の機能には、互換性のあるインターネットサービスプロバイダが必要です。 手数料がかかる場合があります。

アップグレードが完了すると、macOS High SierraはmacOS Sierra 10.12.6より約1.5GBの記憶領域を必要とします

アップグレードに必要な Mac要件

Macモデルの詳細については、画面の左上にあるAppleアイコンをクリックし、「このMacについて」を選択して、「概要」を選択します。 これらのMacモデルはmacOS High Sierraと互換性があります:

  • MacBook (Late 2009 以降)
  • MacBook Pro (Mid 2010 以降)
  • MacBook Air (Late 2010 以降)
  • Mac mini (Mid 2010 以降)
  • iMac (Late 2009 以降)
  • Mac Pro (Mid 2010 以降)

機能によっては上記より新しいモデルが必要です

まとめ

またOSサイズが大きくなりましたね・・・。アップデート情報を見ていると、写真・Safari・メール等の純正アプリが充実した感じになっています。OS的な側面として注目は、今バージョンから新しいファイルシステム移行されます。どこまで速くなったのでしょうか。

アップデートは、1時間以上かかるのでタイミングを見計らって!

追記:2017/9/27

Finderの検索がうまく機能しませんね。以前(Sierra)まで「.(ドット)」と入れると、対象フォルダ階層以下の、ほぼ全てのファイル(拡張子があるもの)が表示できたので、ファイルの種類で探すときに便利でしたが、アップデート後は何も表示されません。「_(アンダーバー)」でもうまく行きませんね。バグでしょうか?仕様変更でしょうか?

追記:2017/10/8

「macOS High Sierra追加アップデート」の名前で、マイナーアップデート?が行われました。バージョンに変更はありませんが、アップデートです。バージョン命名ルール変更なのでしょうか?

引用(英語):https://support.apple.com/kb/sp765?locale=ja_JP&viewlocale=ja_JP

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加