LCCは値段だけではなく便利に使う3つのポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LCCは安くて良いのですが、一番嫌なのが発着時間。早朝や夜中もあり、前泊が必要な時もあり億劫になりがちです。

しかし、結構使っています。

上手く使えば、時間で困ることも少なく、むしろ乗り継ぎの待ち時間や無駄な滞在を減らすことが出来たりするので非常に便利です。値段だけではないのです

スポンサーリンク

LCCを便利に使う3つのポイント

1. LCCは日本だけではない!

元々がヨーロッパが発祥と言われているLCCです、多くの国々にあります。特に近距離路線は非常に充実しています。

近距離(アジア圏)

例えば、香港に行こうと思うと、ピーチ、ジェットスターやバニラエアーなど日系だけを調べがちです。が、

香港にもLCCがあります!

HK Expressという会社もあります。Dragon Airもあります。探せば見つかります。その時々で最安値を購入です!また、各便の発着時間も異なるので、発着時間の選択肢がかなり増え無理な日程や無駄な滞在も減らせます。

乗り継ぎ(ヨーロッパ内)

最近よく愛用しています。仕事で行くこともありマイナーな地域もあります。日本の地方空港レベルのところにも行くのですが、日本から最終目的地まで予約しようとすると、乗り継ぎが翌日や早朝で余分な滞在もありました。便が満席で取れないことも多いのですが、LCCが大活躍してくれます。

勝手にですが、1国に最低1つはLCCがあるといつも信じて探します

そして、ほぼ見つかります。

例えば、スペインに行くとすると、Vuelingと言うマドリッドを中心に、ヨーロッパの都市からスペインの様々な都市へ行ってくれるLCCがあります。日本からヨーロッパへは普通の航空会社で行き、ヨーロッパ内はLCCと言ったことが可能です。

LCCと高速鉄道もできます

また、LCCは複数社あるので、便数は少なくても、ちょうど自分が行きたい所を飛んでくれる航空会社が見つかるのもLCCならではです。例えば、以前ロンドンからフィレンツェへ行きたかったことがありますが、最大手のLCCにはないが、Cityjetなら直行便があるとか探すと見つかるものです。

もちろん、日本からネットでチケットを手配できるので、行ってから探すような事もありません。

2. LCCは1社じゃない!

前のトピックと変わらない感じもしますが、往復や周遊する時の場合です。LCC以外の航空会社の場合、往復料金が前提ですが、LCCは違います、片道でもいいのです。

要は、良いとこどりです。

例えば、関西から香港に行くとします。

今現在ですが、ピーチだと1日2便あり、関西空港発が8:20か21:15です(曜日で時間は異なります)。待ち時間や空港までの移動を考えると朝早すぎる、あるいは到着が夜遅すぎます。ジェットスターは16:10発で19:45着なので良い感じです。

しかし、帰りジェットスターだと真夜中の1:50に到着なので電車がないので、ピーチの17:50発22:15着が便利となります。

そしてこの選択をしても、料金は大きく変わりません

3. 周遊する

LCCがない時は、周遊はかなり高額なイメージがありましたが、上記の往復で航空会社を変えるなどできますし、もう1ヶ所追加も手軽に可能になります

例えば、ピーチが沖縄〜バンコク便を、2017年の2月19日から就航します。バンコクは日本人にとって最も人気の渡航先のおかげで、すでにLCCを含め多く航空会社が参入しお安いですが、沖縄を満喫してのバンコクは今まで考えられなかった旅です。

バンコクから綺麗な海に行くなら最低でも3時間くらい車で走る必要がありますが、沖縄で海!バンコクでショッピング・マッサージとエスニック料理を満喫もLCCだから安く可能です。そして帰りは別LCCで沖縄に寄らず直行便で戻ることもできます!

行きは香港経由でバンコクに行き台湾に寄ってなど色々な組み合わせも可能ですから、まとめて行ってしまう事もできるのです。

そお、

LCCは安さより便利さです!

安いから便利に使えるとも言えますけど・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加