アシアナ航空で中国の大連へ行ってきた

旅行記

全然知りませんでしたが、日本企業も多く進出し直行便もある大連へソウル経由で行ってきました。フライト時間はそれぞれ約1時間半と1時間と、経由で仁川空港で待つ時間の方がトータルのフライト時間より長いと言う変な工程です。
ソウルに用が無ければ当然直行便ですね、こんなに短いフライトの乗り継ぎは初めてです…。

大連へ行く!

ソウルからの話になります。まずラウンジで一杯!

乗り込みます。3列-3列の小型の機体ですが、モニター付きです。フライトは50分程度で映画見る時間も無いのですが…。

最新機ぽいですね。ラウンジで食事をしたのと中華料理を期待して、機内サービスの食事は断りました。

あっという間に到着です。
仁川空港からなので(比較するのはおかしいですが)、若干寂れた感が・・・。

記念に外からもパシャり!
なんかカッコいい。「空港」とか「Airport」って書いていないんですね。

飯!「大連」と言えばで名物をまずお願いしました。肉とビール!!

色々と中華料理を楽しみました。別の日ですが、満漢全席?と言うくらい出て来ました。

食べても食べても・・・(ちょっと汚いですが)

食べ物はやはり中華はいい感じです。そんなこんなで、大連でした。

帰路です。大連空港は小さめですが、お店が多いですね。ブランド店などもあり、地方空港とは思えない感じです。

神戸コーヒーもあります。ただプライオリティ・パスが使えるラウンジは国際線には無いようです。また喫煙所も無いようです。

搭乗予定の飛行機も撮影。正面からなので分からない…。隣は中国国際航空ですかね、スターアライアンスだらけだ。

乗り込みます。3-3-3列シートで往路より機体は大きめですが、モニターはありません。

食事が来ました。朝食は取りましたが既に腹ペコ。

中はプルコギです。一般的な長距離路線の食事の7割分ぐらいの大きさの容器です。アシアナ航空の食事は美味しいですよ!欧米便ならビビンバや葉っぱも付いた大き目のプルコギも出ますよね。

食事が出て食べて片付けてたら、到着です。

まとめ

ソウルから大連はすごく近いです。北朝鮮の横を通るルートなのがちょっと気がかりですが、基本ミサイルは日本海側なので、大丈夫と言えば大丈夫ですが・・・。
大連空港で時刻表を見ていたら、日本の色々な地域に行くようですね。日系LCCはありませんが便利に行けそうですね。しかし観光なら、まずは上海とかでしょうかね。

タイトルとURLをコピーしました