ゴールドカードは今はステータスでも何でもなくて保険証みたいな物だよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金ピカに輝くゴールドカード、このカード1枚であらゆる物が購入できる。至高のカード!とは、20年以上前の話ですよね。

プラチナカードやブラックカードも出ている昨今、敷居は下がる一方。使用上限額も、(入会期間の差などで)一般カードの方が高い場合もあります。

それでも、年会費1万円近く払っても持つのは、ステータス?上限?それとも・・・何!?

海外旅行保険です。

クレジットカードは用途で分けたりと数枚もっていますが、三井住友VISAゴールドカードを10年以上使っています。最近はApple Pay用にも使っていますが、私にとって主目的は、海外旅行時の保険証です

ステータスと上限

ステータスってあるのかい?

ステータスがゴールドカードにあるのかは疑問です、もちろん審査はあります。三井住友VISAプライムゴールドカードに入り、20代から10年以上ゴールドカードと、一般カードを混在して持っていますが、店員さんに何か言われた事はないです。

例えば:

自「カードで」(ゴールドカードをサッと出す)

店員「ゴールドカードですね」←ない

とか

自「カードで」(一般カードを出す)

店員「当店はゴールドカードのみです」←ない

ありません!!

ゴールドカードしか使えない店なんか聞いたことありません。VISAしかMasterしかなら、何度もありますが、カードの色でなんてありません。

ゴールドカードはポイントが溜まりやすいとか、付加的なサービスがあり、それらをステータスと言いはるなら反論しません。

けどね、付帯サービスですよ。そしてその分の前払いが年会費。

月刊誌が毎月送ってきたり、カードラウンジ使えたり、旅行保険が付いていたりと、サービスですよ。

ステータスには、お金を払っていません。
年会費は無駄金では無い。払うだけの意味がある!

使用金額の上限が高い?

上限は、カードを使ってきた頻度などでも変わり、入りたてのゴールドカードより、長年問題なく使っている一般カードの上限の方が高いとか、知り合いに聞いたら、上限はバラバラです。

見落としがちな事ですが、上限はいつ支払いかで全然違います。翌々月に支払うカードと、翌月支払うカードであれば、毎月使える金額は違います。

カードの上限は清算までなので、翌々月支払いである2ヶ月で50万円使えるカードと、翌月支払いの1ヶ月30万円のカードなら、後者の方が毎月沢山使えます。

もし、ゴールドカード側が前者だったら、体感的にはゴールドカードの使用上限が低いって感じます。

例えば、一気に40万円の買い物するのであれば、50万円の上限のカードが必要です。でも、毎月30万円使いたいと思うなら、後者の翌月締めのカードでないと足りません!

カードも適時適所で使い分けるのがベストです。1枚は不便ですね。

ちなみに、三井住友VISAゴールドカードは、支払い期日は基本的には翌月払いです。支払日も10か26日と選べるので、給料日直後に支払いにしておけば、月々清算で上限や未払い分の心配はほぼありません。(力説しといてですが)ゴールドカード1枚でも足ります。

クレカの自動付帯型海外旅行保険

ゴールドカードの最大のポイントはこれです!海外へ年に1回くらいでも、元が取れる場合もあります。

例えば、1週間程度の海外旅行の場合、一般的な海外旅行保険に加入すると7~9千円ほどかかります。1日千円ちょっとは必要なので、2回(10日)位行く人ならほぼ元が取れます。年会費の割引適用があれば、1回でも元が取れます。

もし、保険なしで旅行している人がいたら、病気・怪我で病院行くことを考えると、全然お得です。個人的には、向こう10年分の年会費くらいは、元が取れています

パスポートがほぼ一杯な私が、海外旅行時の持ち物をまとめる
パスポートがほぼ一杯な私が、海外旅行時の持ち物をまとめる
パスポートの有効期限が後4年もあるのに残り5ページとなり、自動化ゲートを使いなんとか、この2年位やり過ごして来た私の、海外...

自動付帯!

何と言っても自動付帯がいいです!

大手旅行代理店だと、しつこいぐらい「海外旅行保険加入しましたか」と聞いてきます。しかし、最近はLCCもよく使いますよね、航空会社のホームページで予約すると、保険の事などすっかり忘れています

私はカードを持っていますが、一緒に行く人間が忘れてました。空港で気付けば入れますが、だいたい思い出すのは、現地到着後のホテルとかレストランで雑談している時です…。

保険の保険と考えれます。

キャッスレスで使える

自動付帯保険使えるの?と気にする人もいると思いますが、私は何度もお世話になりました。

一番多いのが食中毒・風邪です、検査と薬をもらうだけの場合も入院もありますが、全てキャッシュレスです

食中毒は大変ですよ。ノロも一度ありますが、もおヤバイヤバイ。

超豪華なホテル並みの設備に滞在させてもらいましたよ。食中毒だと食事制限ありますが、風邪で胃腸系関係ないなら、メニュー持ってきてくれて、外部からのデリバリーでした。なかなか快適です。

海外医療保険は基本的には、(手続きは必要ですが)キャッシュレスな保険です。

*日本の健康保険は、海外も対象です。全額自費で清算した後に診断書をもらい、帰国後手続きをしたら、国内と同様に個人負担分以外が戻ってきます。歯医者はクレカの保険対象外も多いので、健康保険で対応します。

ただね、歯医者は大体応急処置ですが、食中毒だと治らないと出してくれませんから、一旦自腹は厳しいです。

手続きが難しい?

クレジットカードの保険は、事前手続き(連絡)が必要です。事前の手続きなしでキャッシュレスの保険サービスもあり、ここを突いて営業してくる海外保険会社もいます。

しかし、手続き簡単です。電話したらいいのです

クレジットカードの裏に書いているのでも、保険窓口番号を控えておいてもいいので、電話します。日本語で全て対応してくれます。全部教えてくれます。

カード番号とか聞かれて、症状を伝えます。以上!

難しくありません

病院での手続きもあるので、パスポートとカードは忘れずに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加